はじめに

「むち打ち」とは、交通事故などによって強い衝撃が体にあった際に起こる症状です。 基本的には吐き気やめまい、肩や首の痛みなどを引き起こし、本人は本当に辛く 寝たきりになってしまう人も中にはいます。
むち打ちの厄介なところは、外見からは何もわからないことです。 それは病院などでレントゲンなどを撮っても同じで、 むち打ちかどうかの判断は、全て患者からの自己申告となります。 そのため、辛い思いをしていると理解されづらく、 また、逆にむち打ちを装い医療費を請求するような悪質なケースも存在します。
むち打ち専門の整骨院や整体もあれば、専門の弁護士もいるため、 それほどまでに辛く、トラブルの多い症状と考えることができます。
このホームページでは、交通事故後遺障害、いわゆるむち打ちについて 解説するとともに、 まったく別の鞭打ちについても少し触れます。

鞭打ち

鞭打ちは昔の刑罰の1種で、これは残酷すぎるので、現在はあまりしないです。鞭で打って苦痛を与え、これにより悔悟や自白を強要する罰。東洋では笞刑(ちけい)とも称する。世界中で刑罰、拷問として広く行われ、現在でもシンガポール、マレーシア、イスラム諸国などで行われている。鞭打ち刑の対象になるのは国によって様々であるが、主として窃盗、秤のごまかしなどの軽罪の犯人である。病人には鞭打ちを科さない(治癒後に科する)と決めている国、東南アジアのシャムポックやイギリスの九尾の猫鞭など、連打して死に至らしめる威力のある鞭を使う国などその執行方法も国によってさまざまである。

むち打ちの体勢

打たれるのが小さな子ども子どもの場合、打つ者はその子を膝の上に載せて枝むちをふるうことができる。さもなければ、子どもは椅子などに掴まって前屈みに上半身を倒し、尻を突き出す。子供のときのあなたは、会ったことがありますか?僕はありますよ。^^痛かった。
法的な刑罰として執行する場合には、打たれる者を縛って固定し、逃げようともがいて動き過ぎないようにすることもある。 一部の監獄や矯正施設には、「枝むち打ちのロバ (birching donkey)」とか「枝むち打ちの小馬 (birching pony)」と称された木製の枷が、枝むち打ちのために用意されていた。枝むち打ちに関する詳細な規則は存在していなかったので、監獄や警察はそれぞれ、いろいろな異なる方法で、それに様々な呼称をつけながら、違法な振る舞いをした未成年や成人を前屈みにさせ、罰を与えていた。このほかにも、また別の器具を用いて、立ったまま、あるいは、寄りかかった姿勢で枝むちを打つやり方もあった。
学校でよく用いられていたのは、「ホーシング (horsing)」とよばれる姿勢で、打たれる者は両手をとられて別の誰か(クラスメートなど)に背負われるようになるか、2人(ないしそれ以上)の肩につかまるように前屈みになった。イートン校などのエリート校では、特に用意された木製の台の上に跪くことになっていた。
特に巧妙にできていた器具は、「フロッギング・テーブル (flogging table)」で、これはテーブルに腕を通す穴が2つ空いており、そこから腕を通させた上で、足を所定の位置に縛り付け、腰の上で体を固定すると、腕を抜くことはできないが無駄に動かしてもがくことはできるというものであった。これは、打たれる者に、無力感を強く与えるので、矯正の目的に適うものと考えられていた。
どのような姿勢をとるにせよ。打たれる者の両足をきつく閉じさせておくなどの方法で、睾丸の裏側を叩くことがないように配慮することが必要であった。

    ▲ページトップに戻る